皆さんこんにちは!今日は一段と風が強く、痩せ形で体重が55kgもいかない私ぐらいだったら飛ばされるんじゃないかと思うほど、凄まじかったです。

 

今日は重さに関する記事です。

家にかかる重さつまり『荷重』ですが、人や家具などの積載荷重や常時作用する荷重で、永久に重量や位置の変動が無い固定荷重だけではなく、

色んな荷重がかかってきます。

例えば『雪』つまるところの積雪荷重ですが、基準があります。

建築基準法では、積雪荷重については、積雪量1cm ごとに1㎡あたり20N(約2kg重)
以上の単位荷重に、屋根の水平投影面積及びその地方における垂直積雪量を乗
じて計算する。とされています。

ここら辺の地域はよく雪が降ります。相当荷重がかかっていますね

 

また『地震』も地震力としてかかわってきます。

これはまた次回に説明をしたいと思います。

 

 

最後に『暴風』です。

風荷重ですが、風圧力が関わってきます。風圧力は、速度圧と風力係数の掛け算で算定できます。

早くまた地域に寄っての数値によって力が変わってきます。

詳しくすると大変なので次回にしますが、強風で飛ばされる家は嫌ですね~

 

 

家を建てる時このことも念頭に置いて建てて頂けると幸いです