こんにちは、快適住まいアドバイザーの太田です。

先月の大相撲の平幕 徳勝龍が初場所千秋楽で初めての優勝をしました。

幕内で最も下位の番付、幕尻の力士が優勝するのは20年ぶりだそうです。また、

33歳という年齢で、すごいことだなぁとニュースを見て感動しました。

優勝インタビューも、ユーモアがあって笑ってしまいました。

最近では、炎鵬・照強など小さい力士も人気があり、アクロバティックな相撲を取り

相手に勝つ。まさしく!『小よく大を制す』の世界です。おもしろい!!

しかし、その裏には、人一倍の努力と勝負を諦めない気持ちがあったんだろうなぁと

思う今日この頃です。